ギシギシだけど、大切な経験。

体がギシギシいってマス。特に、腰が.....。
昨日、某所で舞台設営のヘルプをしてきました。

はじめての体験でしたが、ぶっちゃけ過酷な仕事デス。
舞台用の台(?)が10枚ずつ積んであるのを下ろすんですけど、上は板張りでも枠はとーぜん
頑丈な鉄製。そりゃもう、重いったらなんのって(泣) 
特に、上から3枚目あたりまでは自分の身長よりも高くって、それを持ち上げるわけですから。
腕、手首と筋肉痛はもちろんのこと、腰は......かなりギシギシと、イタタっ....です。

他にもいろんな、とにかく何もないフロアにステージと客席を1から組み上げていく作業を、
性別/体力関係なくで全員で行なっていったワケで、正直なところ、根性ないと女のヒトは
続かない仕事だろうなー、と感じる仕事でした。

たしかに肉体的には「参った!」な1日でしたけど、ライヴ・ステージを支えるスタッフの仕事
を経験できたとことは、自分にとってすごく実りある時間になってます。
ミュージシャンがいなければ開演しないように、舞台や照明、音響、楽器などなど...、
そういうステージを支えているモノが1つ欠けただけでも幕は上がらない。
そのことを、(自分に対しては)いつも心に留めておかなければいけないと思っているだけに、
その仕事の大変さを垣間みて、さらにその想いは強くなったのでした。

でも、ひとつ。
今、これを書いてて思ったのが、舞台を作ったフロアにフォークリフトがあったな、と。
もしかして、その積み上げ台もリフトで下ろせばよかったんだろうか。
いや、鉄製だからバランス的にリフト下ろしは無理なんじゃないか。
だけど、前にバイトに行った倉庫では、とんでもなく山積みの荷物をリフトでうまぁく上げ
下ろししてたよなぁ.....。

ホントのとこ、どうだったんだろう(謎)
[PR]
by naoxnavi | 2004-08-25 22:52 | おしごとなコト

ひさびさに「URGE」聴きまくってます☆2016.MAY


by naoxnavi
プロフィールを見る
画像一覧